© 劇団こふく劇場 第15回公演 ただいま 全国ツアー

ABOUT

2015年、宮崎県都城市に拠点を置く劇団こふく劇場は25周年を迎えました。折しも戦後70年の年。

決して安穏と25年を過ごしてきたわけではありませんが、この25年の間に、何が失われ、何が生まれたのか、わたしたちは、ほんとうにしあわせになったのか、九州の片隅でそんなことを考えながら生まれたのがこの作品「ただいま」です。

おかげさまで作品は各地で好評を得、公益社団法人日本劇団協議会発行の機関誌「join」の、「私が選ぶベストワン2015」ではライターの大堀久美子に、作品部門で「ただいま」を、団体部門で「こふく劇場」をそれぞれ2015年のベストワンとして挙げていただきました。

 

―――あれから2年。けれど、「地方」に暮らすわたしたちにとって、2年前の問いは、さらに切実なものとして、ここにあります。

だからわたしたちはまた旅をすることにしました。

 

25年の集大成としてつくったこの作品は、わたしたちの日常の中にある「自然」や、たくましい生活人たち、そして日々続いていく「暮らし」、そんなものを題材にしながら、こふく劇場がこれまでに出会ったきた、様々な身体や言葉を参照し、「地に足をつけ生きること」を問いながら生まれました。

これからはじまる新しい旅でも、それぞれの土地で暮らす生活する者たちと、この作品を共有することができればと願っています。

​作品概要

【 作品名 】 ただいま

 

【作・演出】 永山智行

 

【 出   演 】 あべゆう・かみもと千春・濵砂崇浩・大迫紗佑里・中村幸(劇団ヒロシ軍)

 

【 スタッフ 】  照明=工藤真一(ユニークブレーン) 音響=出井稔師 美術=満木夢奈(ユニークブレーン)

衣裳=あべゆう 音楽=かみもと千春 制作=大迫紗佑里・高橋知美(Q’s Link)

 

【上演日程】 

宮   崎    2018年  8月29日(水) 宮崎県立芸術劇場 

豊   橋    2018年  9月8日(土)~9日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 

三   重    2018年  9月15日(土)~16日(日) 三重県立文化会館 

広   島    2018年10月13日(土)~14日(日) 広島市東区民文化センター 

札   幌    2018年12月1日(土)~2日(日) 扇谷記念スタジオ・シアターZOO

いわき    2018年12月8日(土)~9日(日)いわき芸術文化交流館アリオス

東   京    2018年12月12日(水)~16日(日)こまばアゴラ劇場

沖   縄    2019年  1月12日(土)~13日(日)アトリエ銘苅ベース

福   岡    2019年  2月1日(金)~2日(土)パピオビールーム

三   股    2019年  2月15日(金)~17日(日)三股町立文化会館

【 あらすじ 】 

姉の夫はひとり暮らし。

そんな義兄のすすめで、30歳を前に独り身のあさ子は、お見合いをすることになった……

―――豆腐職人の男、文具店に勤める女、主婦、仕事を探す女、

そんな市井の人々の、かけがえない日々の物語。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now